スポンサーサイト

  • -
  • 2014.08.26 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


経営改革シリーズ 「全社一丸、顧客基点の経営改革」ぁ磴泙佐管堯⊆勸の意識改革から>

就任早々「自分の会社をCTスキャンする」という実態把握のテーマに取り組み、感じたこと、分かったことは、前述したように、当社は3つの大きな問題点を抱えていた。


1つは、顧客目線、視点の欠如、すなわち、顧客の視点に立った営業サービスが展開されてない。


2つは、若年社員が入社してすぐ辞めてしまう。人が育たない



3つは慢性的赤字体質にある。

リコーという大会社の傘の下で親方日の丸的な文化、体質が根付いている。しかし、これ等の問題は幹部、社員の意識、姿勢に起因していることが大きいと思った。

当社には不思議な「分かってる、やってる体質(現状維持、満足体質)」がはびこついてる。その結果、TOPから新入社員に至るまで「Now Best」に集中し、未来への「Future Best」に適切な手が打たれていない。

何か事態、問題が生じても全て「分かってますよ。やってますよ」の一言で片づけられてしまう。そんな体質がある。

まさに全社員が現状維持満足のムードに浸っている。大企業病なのか?

よし、まず幹部社員の意識改革⇒分かってる、やってる体質を壊そう!!

「社長の一手」「社員の意識変革と会社理念の共有(取り組むこと)」




□社長ホームページ開設による現場、社員とのダイレクトコミュニケーションのスタート

会社は規模が大きくなればなるほど、TOPと現場との間には「電子レンジの熱燗」現象が生れる。トックリに酒を入れて、電子レンジでチンするとよくトックリの上の部分は熱くても底の下(現場)の方は、ぬるい。それほどTOPと現場の温度差は大きいものである。
その温度差解消のためにも情報マインド、スピード、共有が求められる。



□守りの体質から攻めの体質変革を訴える

幹部にまず、「脱皮しないヘビは死ぬ」と訴えた。今ITブーム到来で業界は大変化が起こりつつある。この変化を先取りし、お役立競争に勝つには会社の体質が変わらなければならない。それをリードするのが、幹部である。

臨場感を訴えるために1999年11月30日発行の日本経済新聞のアンダーセンコンサルティングの広告記事、「その時がやってくるとは誰も思わなかった。例えば、古代の地球を支配していた恐竜。

彼らはきっと自分たちの世界に終わりが来るなどとは、考える事もなかったはずです。大変革が世界の総てを変えてしまう時でさえも・・・。勝ち抜く者は誰、そして敗れ去るものは誰か―答えは誰にも分かりません」を全幹部に現物を送り、危機意識をあおった



□会社の2大パワーを発揮しよう

会社には集団性格というものが存在します。その集団性格が会社の方向性、全社のパワーを生み出すのです。その2大パワーは「おみこしsociety」「会社動物園論」です。

おみこしパワーとは会社は千差万別の人の集まりです。しかし、それぞれが勝手に動いていては、パワーは発揮できません。従って、会社はvisionというおみこしを会社員でワッショイワッショイ担ぐことによって、会社一丸の大きなパワーが生れます。

また、会社は動物園のようにライオンもトラもいれば、可愛いウサギもいます。それぞれの自分の潜在能力を発揮してこそ、大きなパワーが生れます。会社は常にこの2大パワーが求められています。


籠に乗る人、担ぐ人、そのまたわらじを作る人、みんな違ってみんな良い、全社一丸、個の全開が勝負です。


TOPは本気になれば改革の材料は山ほどあります。



スポンサーサイト

  • -
  • 2014.08.26 Tuesday


講師のご紹介 【向塾】

大和 可也
(やまと かや)

1944年生まれ。高知県出身。
早稲田大学文学部卒。
教育プロデューサー。

大学卒業後1969年〜1987年 (株)学習研究社勤務。 独立後、メディアプロデューサーとして活躍。
その後、大学講座演出、プロデュースを手掛ける。

大和 可也の記事一覧を見る

相澤 将之
(あいざわ まさゆき)

1942年生まれ。東京都出身。
法政大学経営学部卒。
元東京リコー社長。

相澤 将之の記事一覧を見る

石桁 正士
(いしけた ただし)

1936年生まれ。和歌山県出身。
和歌山大学学芸学部(現教育学部)卒業。(教育学士)
大阪市立大学大学院工学研究科修了。(工学博士)

京都大学、大阪大学を経て1970年に大阪電気通信大学助教授に就任。その後教授を経て2007年名誉教授となる。
やる気研究会の主宰や情報教育学研究会(IEC)の発起人として活躍し、現在大阪電気通信大学の客員研究員として教育の研究に従事。

石桁 正士の記事一覧を見る

木村塾長 コラム

記事リスト【講師が語る。】

検索

リンク

sponsored links

ケータイで見る

qrcode